ブログ

フランクフルト アンビエンテ2017

IMG_1208-2

世界一の消費財の展示会と言われていいる、ドイツフランクフルトのアンビエンテ

2017年は2月10から14日までの5日間の開催になります。

143か国から約14万人の訪問客があるというアンビエンテ、この時期フランクフルト市内のホテルはどこも満杯でしかも値段も高くなります。

ダイニング、ギビング(ギフト)、リビングという3つのテーマに分かれており、その分野の製品が、こちらも世界中から展示されることになります。

私もこの展示会には展示者としも参加してことがあり、また毎年訪れていることからかなり詳しく知っています。

そこで、この展示会の回り方を少しだけまとめています。

 

1)会場はとても広いです。また出展者もとても多いです。下調べがとても大切。

http://ambiente.messefrankfurt.com/

こちらの公式サイトには出展者の詳細なども出ていますので、まずは下調べを十二分にすること。

2)下調べをして興味がある会社があるようでしたら、メール等で事前に面談を申し込みましょう。

入場料は5日間通しでオンラインで52ユーロとけっこう高いですが、事前面談を申し込んだ会社から招待券をもらえる可能性もあります。

3)最低3日間ぐらいは必要かと思います。事前調べをしたとしても、やはり実際の商品をみるのとは大違いですから。まず半日は全体を見るような感じで、会場の全体をつかむ。半日は事前にアポを取った会社との面談。2日目3日目はお目当てのブースをじっくり見て回る、ぐらいの時間がないとまともに見ることはできないと思います。

4)各ホールは歩く歩道で結ばれていますが、それでも1から12ホールまで歩く歩道で移動した15分か20分ぐらいはかかるのではないでしょうか。ドイツの2月は寒いですが、外には無料バスサービスもありますので利用してみましょう。

5)海外の出展社は日本の会社のようにブースの前に立っていて愛想よくチラシをくばっているなどということはあまりありません。ブースの中の椅子にどっかり座ってパソコン作業をしていたり、なんか入りにくい感じのブースもあったりしますが、気にせず話しかけて情報をゲットしましょう。

6)会場の中にも郵便局がありますが、カタログなどとても多くなります。郵便局から日本に送ってしまいましょう。そうすれば重量オーバーを気にせずせっせとカタログ集めもできます。

行く前の準備

商談の要点

実際の輸入方法 などなど、じっくり学びたい方は

http://kiya.tokyo/ 

私たちがご一緒するアンビエンテ実地研修にご参加ください。

ambheader

 

関連記事

  1. a4 新たに輸入ビジネスを考えるとき
  2. e938fc3652d43805ddb029d0b4b499b1_m シンガポールの日本食品市場
  3. yunyu1 YOUTUBE 輸入ビジネス入門講座(1)
  4. kinkikaigai 海外進出支援のための小冊子
  5. Import Stamp Showing Importing Goods And Commodities 無料相談ご利用ください!
  6. 288868 国際売買取引の流れに関連した英語
  7. keyvisual-968-113-png 世界最大級の消費財見本市 アンビエンテの回り方
  8. ac7dba8107d3a38498fccea344af0cf6_m 日本酒、欧州初の現地生産!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 9bd233a068a591169391438cf2e04b40_s
  2. keyvisual-968-113-png
  3. IMG_1208-2
  4. yunyu1
  5. yunyu1
  6. a4
  7. kinkikaigai
  8. ba55af0907c2118609d8467358558b4a_m
  9. ed3b782ad06ac8440245a870a275f053_m
  10. IMG_1208-2

プロフィール

芝田政之

リンク集

◎ 貿易アドバイザー協会
http://www.trade-advisers.com/

◎ シバタ・インターナショナル
http://www.shibatatrade.jp/

◎ 教えて!貿易アドバイザー
http://blog.goo.ne.jp/mshibata_1949/

◎ JETRO
https://www.jetro.go.jp/

◎ MIPRO
http://www.mipro.or.jp/


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


貿易 ブログランキングへ

PAGE TOP